消費者金融と銀行系の違い

お金を気軽に手軽に借りられる便利なカードローンサービス

MENU

消費者金融と銀行系の違い

カードローンは消費者金融と銀行系に大きく分類されます。当たり前ですが、消費者金融で取扱いしているか銀行で取り扱いしているかの違いです。ただし、単に取り扱い先が違うだけではなく、カードローンの内容に意外と大きな違いがあります。

 

まず、貸金業として適用されている法律が違います。消費者金融は総量規制という法律が適用されていますが、銀行系の場合銀行業法という法律が優先されるので、総量規制の対象外となります。

 

総量規制が適用される消費者金融では、年収の1/3を超える金額の貸付けは禁止されています。年収150万円の人なら、借入れできるのは他社借入れを含めて50万円までとなります。

 

また、借入金額が50万円を超える場合には、収入を証明する書類の提示を求められます。総量規制が適用される消費者金融では、多額の借入時には断られたり、手続きが面倒だったりというデメリットがあります。

 

また、金利についても銀行の方が低く、消費者金融の方が高めに設定されています。同じ金額の借入れを行うなら、銀行の方が利息は少なくなります。

 

ただし、数十万円程度の借入れであれば消費者金融が便利です。消費者金融の方が、手続きが早く、融資までの時間がかかりません。また、審査に通りやすいのも消費者金融です。

 

少額なら消費者金融、高額なら銀行系のカードローンが便利です。

 

また、その他の選ぶ基準として主婦のカードローン利用があります。主婦はパートで自身で収入を得ていれば別ですが、配偶者の収入のみとなる専業主婦では消費者金融からは借りられません。そこで考えてみたいのが主婦対応のカードローンで、一部の銀行であれば専業主婦の方でも配偶者に内緒でお金が借りられるようになっています。